音楽面でのメンターをみつけよう

DTMをひとりでやってても刺激がない?わからないことがあった時に聞く人がいない?

じゃあ、音楽面でのメンターをみつければいいじゃないか。ここでは音楽面でのメンターが何なのかとどうやって探せばいいのかの話をしていきます。

■ 音楽面でのメンターとは?

音楽面でのメンターとは何かのここでの定義。

バンドメンバーやコライティングの仲間ではなく、音楽の知識やスキルが自分よりも優れていて、アドバイスをしてもらえる関係性の人を指します。場合によって、同じバンド内にいる場合もあるでしょう。

うまい言葉が思いつかないので、ここではいったん「音楽的メンター」とします。

例として、コライティングの仲間というのは、大物の例だとトム・ヨークとジョニー・グリーンウッド、ジョンとポール、モリッシーとジョニー・マーなど。米津玄師における坂東祐大、もしくは藤井風におけるyaffleが音楽的メンターになるのでしょうか。

■ 曲のクオリティアップは必ずしも一人でやらなくてもよい

曲のクオリティを上げるという点に着目するなら、必ずしも何から何まで一人でやらなくてはならないという訳ではないでしょう。

「一人でやることに意義があるんだよ」とか、「それが好きなんだよ」という方は、もちろんそれはあなたのスタンスかと思うので、それでよいかと思います。

たとえばの話、「コード進行の中で、ちょっとこのコードだけ違うんだよな。もっと何かしっくりくるものはないかな」と思ったとして、それに対する答えを見つけ出す速さの話。そもそも、一人でその答えにたどりつけるのか。

聞く人がいなければ、自分で動画を見るなり、ネットや本で調べるしかないでしょう。これには膨大な時間がかかります。聞く人がいれば、それが一瞬で解決してしまうのです。

また曲作りにおいては、何度も再生を繰り返すことで誰しもが自分の曲に酔い、よいか悪いかの判断がつかなくなることも多々あります。そういう場合にも客観的な意見を一発でくれるのです。

米津玄師の名前を上にあげましたが、坂東さんが制作のメンバーに入った時点で楽曲のクオリティが爆上がりしています。彼のアルバムを順に聞いていけばそのタイミングはわかるハズ。

余談になりますが、NETFLIXにて音楽制作系のドキュメンタリーを見ていたところ、デュア・リパの回で、当たり前のように彼女の作りたい音楽を具現化するのをサポートする人(ここでいう音楽的メンター)が何人も出てきていました。

プロでさえ、そういう作り方をするのだから、アマチュアが真似しない手はないでしょう。

■ 音楽的メンターの探し方

「一般人がそんな人を、どうやってみつければいいのか」。答えは簡単。
街のDTM教室の利用です。どんな教室がよいかの話は以前にも書いたので、ここでは割愛します。

ココナラ、クラウドワークスなどのクラウドワーカーが登録しているサイトで検索すればいくらでもみつけることができます。

1時間あたりの相場は、3,000円~10,000円くらいでしょう。5~6,000円台が一番多いのでしょうか。高いと思った人もいるかもしれないが、彼らが積み上げてきた音楽キャリアの集大成を1時間そのくらいの価格で使わせてもらえると思えば安いもんである。

大手ではなく、個人もしくは小規模にやっているところでマンツーマンのレッスンに対応しているところなら、断られることはないでしょう。

ということで、みなさんよきDTMライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました